やたら保険に詳しく保険屋の回し者ではない中立的な第三者が運営しているバカまじめなサイトです。

メニュー

閉じる
間違いだらけの生命保険 > 学資保険の研究 > 学資保険の選び方・初歩の初歩!

学資保険の選び方・初歩の初歩!

【目 次】
  1. 学資保険とは
  2. 学資保険の選び方
  3. さいごに

1.学資保険とは

学資保険の目的

学資保険、こども保険など、呼び方は商品によって様々ですが、その目的は「子どもに必要な保障を準備する」です。

子どもに必要な保障とは、

  • 教育資金の貯蓄(貯蓄タイプ)
  • 医療費の保障(保障タイプ)
  • 親(養育者)が死亡した際の生活保障の準備

です。

子供の死亡保障もついていますが、これは本来の趣旨からは外れていますので、重視する必要はないでしょう。

保険にあまり詳しくない方にも、「返戻率」や「戻り率」という言葉が浸透しつつあり、これが重視される傾向があるため、現在の学資保険は主眼が教育資金の準備、特約で医療保障や育英年金が付帯できる、というプランが多いようです。

ちなみに返戻率とは、

返戻率(%) = 総受取金額 ÷ 総払込保険料 × 100

で求められる数値で、100%を上回っていれば、運用として利益が出たと言えますし、下回っていれば損失が出たと言えます。

教育資金を準備する目的であれば、100%を上回ったプランを選ぶことは必須です。

学資保険の仕組み

学資保険は養老保険などと同じように、保険料を積み立てて、満期時に満期金を受け取る貯蓄性の高い保険です。

加入時から満期までの間に、各保険会社で定められた利率で運用することで、払い込んだ保険料より多い満期金を受け取ることができるのです。

一時金や祝金を受け取るタイプもあります。この一時金は自身が積み立てた保険料を取り崩しているもので、保険会社がお祝い金としてプレゼントしてくれるものではありません。

受取り方も様々な形がありますが、保険料の支払い方も様々です。保障期間中ずっと満期になるまで保険料を支払うプランもありますし、満期を待たずに支払いが完了するプランもあります。

また、多くの方は毎月保険料を支払う形をとっているかもしれませんが、月払いのほか、半年払い、年払い、全期前納払い(一括払い)、一時払い(現在は取り扱いがかなり少なくなっています)などがあります。

一定期間まとめて支払うと、割引が適用となる商品もありますので、計画を立てる際には考慮しておきましょう。


学資保険の特徴

学資保険には、払込免除制度があります。ほとんどの商品に特則や特約として無料で付帯されています。

払込免除制度とは、契約者が死亡した際(商品によっては一定の障害状態になった場合や、規定の病気と診断された場合も含む)、以降の保険料の払い込みが免除されるというものです。

払い込みが免除されたのちの保障はそのまま継続します(一時金・満期金は満額給付されます)。定期・定額貯金など、他の金融商品との大きな違いです。

メリットだけでなく、デメリットにも触れておきます。

途中解約したり、貸し付けを受けたりすると、多くの場合、返戻率が100%を下回ります(元本割れします)。そうならないよう、保険料の支払いについてはしっかりシミュレーションしましょう。

2.学資保険の選び方

ステップ1 あなたのニーズを知る

最初にパンフレットや保険会社のホームページで保険料額を調べるのは間違った方法です。学資保険派の方も、貯金派の方も、最初にやるべきは、「自身のニーズを知ること」です。

まずはあなたとあなたの配偶者、お子さんの年齢軸を引いてみましょう。目安はお子さんの教育資金が必要なくなる頃までです。(大学卒業の22歳としてみましょう。)さらに、主だった収入源も書き込んでおきましょう。

教育資金への援助が見込めるのであれば、祖父母の年齢軸も書き足してみましょう。

夫婦のみで養育する場合

祖父母が援助できる場合

次の資料を参考に、いつ、いくらくらい用意すればいいのか書き込んでみましょう。

幼稚園の教育費用(年間)
公立 私立
230,100円 487,427円
小・中・高校の教育費用(年間)
小学校 中学校 高校
公立 私立 公立 私立 公立 私立
305,807円 1,422,357円 450,340円 1,295,156円 386,439円 966,816円
参照:文部科学省「子どもの学習費調査」(平成24年)
大学入学時の初年度学生納付金

単位:円

入学料 授業料 施設設備費 実験実習料 その他 総計
私立文科系 246,749 742,478 160,019 10,430 64,286 約122.4万円
私立理科系 265,595 1,043,212 187,236 67,397 68,462 約163.2万円
国立 282,000 535,800 約81.8万円
私立短大 246,988 696,332 175,588 44,909 99,111 約126.3万円
参照:文部科学省「私立大学等の平成25年度入学者に係る学生納付金等調査結果について」
文部科学省「平成22年度国立大学の授業料、入学料及び検定料の調査結果について」
夫婦のみで養育する場合

祖父母が援助できる場合


おおよそ、こんな感じなんだな、というイメージがつかめましたか?

ステップ2 教育資金の準備方法を考える

次に、これらの資金それぞれを、どんな方法で用意していくかを考えます。

ランニングコストと言えるもの(給食費や義務教育期の授業料など継続的に支払い続けるもの)は、保険商品での準備には向いていません。

積んだり引き出したりが容易にできる流動性の高い貯金などで準備した方がよいでしょう。進学時に一括で支払わなければならないお金(入学金や大学の授業料など)は、学資保険の活用が向いています。

実際、学資保険の多くは満期が高校入学時、大学入学時に設定されています。

夫婦のみで養育する場合

祖父母が援助できる場合


ステップ3 学資保険のプランを組み立てる

ここで初めて実際の保険商品を探します。この順番では、自分の家庭に都合の良いプランを組み立てることはできないのでは?と心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、案外、見つかるものなのです。

もう一つ、大切なことがあります。探してみて、ぴったりのプランがあったとします。しかし返戻率でいうと108%くらいだったとしましょう。

他の商品、他のプランなら115%を超える場合もあるのに、このプランでいいのかしら?しかし、その115%のプランでは、あなたのニーズを満たすことができないのです。

保障期間、保険料の支払い方法、一時金の有無、給付のタイミングなど、結局あなたの役に立つのはステップ1、2を踏んで組み立てた108%のプランなのです。

115%のプランのためにあなたの人生設計を曲げる必要はありません。保険はあなたの役に立てるものであり、あなたが保険のために犠牲になる必要はありません。

3.さいごに

上手に活用しましょう

返戻率の高さだけに注目し、保険料が安いプランを探すのは簡単かもしれませんが、それではプランに振り回される結果となってしまいます。

出産、育児、仕事と、学資保険を検討する時期というのはとても忙しく、ついつい目先の簡便さにすがりがちですが、長い期間、それなりの金額を運用するわけですから、慎重に考えることも必要です。

学資保険の商品がこれだけたくさん存在するのは、多様なニーズが存在しているからにほかなりません。きちんと手順を踏んであなたのニーズを掘り起こし、保険商品を上手に活用しましょう。

こんな方法もあります

とはいえ、上記のニーズの掘り起こし手順は、教育費に特化した簡易版です。実際には住宅ローンを抱えていたり、自営業やフリーランスの方は家計の収支が不安定だったり、様々なケースがありますので、もっと細かく情報を整理しなければいけません。

こんな時に役立つのがFPです。最近では無料相談サービスの窓口も増えましたので、こうした専門家に気軽に相談することも可能になりました。

無料相談窓口をいくつか記載しておきますので、是非ご活用ください。

close