やたら保険に詳しく保険屋の回し者ではない中立的な第三者が運営しているバカまじめなサイトです。

メニュー

閉じる
間違いだらけの生命保険 > 医療保険各社徹底検証 > 人気No1医療保険!オリックス生命新CURE(新キュア)

人気No1医療保険!オリックス生命新CURE(新キュア)

【目 次】
  1. オリックス生命ってどんな会社?新CUREってどんな医療保険?
  2. 気をつけておくべきチェックポイント
  3. 新CUREの商品内容詳細
  4. さいごに

生命保険の分野でもっとも商品数が多い医療保険。

その中でも、「別冊宝島2417 よい保険・悪い保険 2016年版」や「プロ100人が厳選!最新保険ランキング2016」で3年連続1位、その他多くの雑誌・ウェブサイトのランキングでもトップに君臨するのが、オリックス生命の新CURE(新キュア)です。

これだけ支持されているということは、損が少なく得が多いという証拠!

しかも、新CUREは2015年10月にリニューアルされたことから、さらに「得」部分を広げていると話題に!

これから医療保険に新規加入を考えている人にも、今の保険から見直しを考えている人にも、ぜひおすすめしたい医療保険です。

オリックス生命ってどんな会社?新CUREってどんな医療保険?

「保険のことがまったくわからない」という人も大丈夫です。

まずは、オリックス生命がどのような会社なのか、新CUREがどのような保険なのかをここでわかりやすく説明します。

オリックス生命とは?

オリックス生命は、アメリカのユナイテッドオブオハマ生命保険会社の合弁会社として1991年に設立され、1992年からオリックスが100%出資するオリックスのグループ会社の一つとして営業しています。

明治時代創業の日本生命や住友生命などの老舗保険会社と比較すると、オリックス生命は非常に歴史の浅い保険会社ですが、親会社のオリックスは、金融・自動車・不動産・環境エネルギーなどの幅広い分野において、日本のみならず、海外に多数拠点を置いて事業を行うメガカンパニーです。

ちなみに、オリックス生命を具体的に評価するには、「ソルベンシー・マージン比率」という保険業界ならではのモノサシを使います。

ソルベンシー・マージン比率とは、大災害や株の大暴落など、予測を超える大規模なリスクに対する会社の支払能力を示すもので、数値が200%を超えていると安全な会社だと判断することができます。

オリックス生命のソルベンシー・マージン比率は、なんと1,985.4%(2015年9月)!200%をはるかに超える健全性を確保しています。

しかも、格付投資情報センターによる評価では、保険金支払能力が高いと称される「保険金支払能力 A+(2015年10月)」と格付け!ここまで明確に安全性を評価されていると安心ですね。

「保険金が払われない」という最悪の事態にはまずならないと考えて大丈夫でしょう!

新CUREとは?

オリックス生命が主力商品とするのが医療保険CUREシリーズです。

CUREシリーズには、「新CURE」「新CURE Lady」「CURE Support」の3種類あり、新CUREは0~80歳までの健康な男女なら誰でも加入を検討できるもっともスタンダードな医療保険です。

加入すれば誰もが対象となる基本保障は、入院をしたら給付金が受け取れる入院保障、手術1回ごとに給付金が受け取れる手術保障、先進医療を受けた際の技術料が支払われる先進医療保障からなり、とくに七大生活習慣病にはかなり手厚い保障が準備されています。

また、入院の長期化や高額な医療費が心配なガンなどには一時金特約や通院特約が準備されています。

基本保障と特約保障は、加入したときから死亡するまで一生涯続くため、保障が途中で途切れる心配はありません。

それなら保険料は高いのでは?と心配になりますが、新CUREは他社の終身医療保険に比べてもダントツの安さを誇ります。なんと、30歳男性では月々わずか1,582円!(※)

保険料は一生変わらないため、30歳加入で考えると、60歳になっても70歳になっても1,582円のままです!保険のせいで老後の生活に負担をかける心配もありません。

リーズナブルな保険料で手厚い保障が一生涯続く新CURE。医療保険を検討するなら、必ず第一候補に考えたい商品としておすすめします。

※60日型、終身払い、入院給付金5,000円の場合。

新CUREならではの注目ポイント

オリックス生命の新CUREが総合的に良い保険だということはここまででわかってもらえたと思います。

ここでは、リニューアルされてさらに良くなった新CUREならではの魅力を詳しくお伝えします。

とくに、他の医療保険と比較したい人、今加入している医療保険を見直したい人は必見です。

実は、入院日額5,000円⇒10,000円と大幅アップしたにも関わらず、保険料が年間18,000円節約できました。詳しくはこちらのページをご覧ください。

新CUREの魅力①基本保障で七大生活習慣病に備えることができる!

新CUREの最大の魅力は七大生活習慣病に対して保障が手厚いことです。

一般的な病気とケガによる入院に関しては、他社の医療保険と同じく入院支払限度日数は60日としていますが、入院が長引きやすい七大生活習慣病に関しては1入院あたり120日まで、そしてさらには重病と言われる三大疾病で入院した場合は支払日数無制限と非常にワイドな保障を確保しています!

厚生労働省による平成26年の患者調査によると、入院患者の約3人に1人は七大生活習慣病によるものとのこと。もはや他人事ではありませんね。

今は元気でも、七大生活習慣病に対する準備はしっかりとしておくことをおすすめします。

新CUREであれば、七大生活習慣病に対する入院保障は主契約に含まれているため、別途お金を払って特約を付加する必要はありません。基本の保障だけで心配な七大生活習慣病に備えることができるのです。

でも、三大疾病に対してはもっとしっかり備えておきたいという人には、新CUREの基本プランに特約を付加した「がん充実プラン」「三疾病充実プラン」も選択することができます。

ただし、このように保障が充実したプランにすると、当然保険料は高くなります。また、がんの治療費は高額であるため、実際には特約分だけでカバーできないことも…。

がんに特化して手厚く備えたいなら、医療保険にがん特約を付加するのではなく、別途がん保険に加入する方が賢明です。

ちなみに、三疾病の入院に関しては、基本プランで十分保障されるため、新CUREにおいては、とくに充実プランを選ぶ必要はないでしょう。

新CUREの魅力②先進医療が特約付加で2,000万円まで保障!

厚生労働省が承認した高度な先進医療が治療の選択肢に入れば、万一重い病気にかかっても安心です。

でも、先進医療の技術料は、健康保険対象外であるため、どんなに高くかかっても全額自己負担になります。もちろん、高額療養費制度で医療費が戻ってくることもありません。

そのため、先進医療で治る見込みがあっても、泣く泣く治療を断念する人もたくさんいます。

しかし、新CUREなら先進医療にかかった技術料を通算2,000万円まで保障してくれるため、以下のような高度で効果的な治療だってお金のことを気にすることなく受けることができるのです!

主な先進医療にかかる技術料めやす(1件当たり)

ちなみに、先進医療保障については、多くの医療保険において準備されていますが、たいていはお金を払って先進医療特約として付加する必要があります。

しかも、10年経つと自動更新されるタイプが多いのです。

それは、現状は集めている保障料で賄えていても、将来非常に高額な技術が先進医療に加わった場合、保険会社の負担が大きくなり利益を十分に生み出すことができない可能性があるためです。

そのため、保障料を上げるキッカケを準備する目的で、10年ごとに見直すようにしている保険会社が多いのです。

しかし、オリックス生命では、先進医療保障を特約とせずに基本保障に含め、一生涯の保障としています。だから、一度新CUREに加入すれば、何も心配することなく先進医療を受けることができるようになるのです。

実際、最新の医療保険に変えただけで、保障内容が大幅アップしたにも関わらず、保険料が月額1,500円も安くなりました。

新CUREの魅力②保険料が安い!

七大疾病に対する手厚い保障や一生涯変わらない先進医療など、嬉しい保障がしっかりついても、新CUREは他の人気終身医療保険に比べて断然割安です。

保険料比較表(終身医療保険)
商品名 30歳男性 30歳女性
1,582円 1,707円
1,888円 2,011円
2,153円 2,183円
1,752円 1,792円
2,457円 2,492円
1,817円 1,872円
※すべて入院日額保障5,000円で試算。保障内容は新CUREと同様条件。EVERは通院給付金ありのタイプ。

新CUREの安さはダントツですね!価格面で見ても、やはり新CUREを選ぶのが正解でしょう。とくに、終身医療保険は、毎月一生涯保険料を支払い続けることになります(※)。

そのため、月々で考えると大差はなくても、一生涯で考えるとかなり差が出ることに…!

たとえば、月に支払う保険料が300円違う程度では何も思わないかもしれませんが、300円高い保険に30歳から80歳まで50年間加入したとすると、18万円も余分に支払うことになるのです。

安かろう悪かろうの商品ではいけませんが、同じような保障を得られるのであれば、少しでも保険料が安い商品を選ぶ方が断然おトク。その点、新CUREなら安心です!

※プランや支払方法によります。

このように、新CUREでは、他の終身医療保険にはない絶対的な3つの魅力があります。

終身医療保険の加入を検討しているなら、ぜひ第一候補として新CUREを検討してみてはいかがでしょうか。

気をつけておくべきチェックポイント

新CUREは、保障が充実している上に保険料が安価であるため、デメリットと言えるデメリットはほぼありません。しかし、注意しておいてほしいことが2点あります。

注意点①他の商品と比較して納得できたら早めに加入をする。

実は「おトク度の高い保険は、一定数の加入者を確保できたらなくなってしまう」ということがけっこうあります。

極端な言い方ですが、加入者にとって条件の良い保険は、裏を返せば保険会社にとっては悪い保険ということになります。

なぜなら、人気が出過ぎてあまりに多くの加入者を抱えてしまうと、保険会社が利益を得られなくなるからです。

そのため、目標人数まで契約が終了した時点で、リスクヘッジのために商品内容を敢えて劣化させたリ、商品そのものをなくしてしまったりすることがあるのです。

新CUREは、2015年にリニューアルして「終身医療保険の完成形」と称されるほどになりました。

ということは、これ以上内容が劇的に良くなるということは考えにくく、次にリニューアルするときには内容がグレードダウンしているということも、ないとは言い切れません。

もちろん、すぐに内容の変化や募集の停止になることはないと思いますが、新CUREが良いと思ったなら早めに加入しておく方が安心でしょう。

注意点②加入は対面で。~通販やネット申込みのリスク~

新CUREの加入方法は、対面(保険会社営業員または保険専門FPを介する方法)、通信販売、インターネットの3種類から選ぶことができます。

通販やインターネットは、思い立ったときにすぐに申込みできるため便利ではあります。しかし、以下の点でおすすめすることはできません。

1. 加入後に後悔する可能性が高い。

いくら商品自体が良くても、選ぶプランを間違えてしまえば後悔します。通販やインターネットでは、情報収集するのも試算をするのもすべて自分です。

よほど保険商品や公的保険に精通しているなら良いですが、専門家でもない私たちには、自分にとって過不足のないプランを選定して設計することは非常に困難です。

価格の安さだけで選ぶと「保険金が出たけどまったく役に立たなかった」、保障の充実さを重視しすぎると「毎月保険料を払い続けるのが辛い」と、加入してから後悔してしまうことに…。

適合する入院給付金は個々の職業(傷病手当が異なるため)や収入(高額療養費が異なるため)によって異なるため、通販やネットよりも保険の専門家に相談できる対面方法がおすすめです。

2. 契約成立までに時間がかかる。

対面方法以外は郵送での手続きが発生するため、その分処理が遅れてしまいます。

インターネットだと早いイメージがあるかもしれませんが、新CUREはネット保険(※)ではないため、ネットで申し込んでもその時点で契約成立とはなりません。

流れとしては、ネットで申込みをすることでオリックス生命から確認書が送られてきて、それに署名をして返送したら審査が開始し、審査を通過することができたら契約成立となります。

郵送でのやり取りが発生するため、結局は申込みがネット経由であるだけで、中身は通販と何ら変わりはないのです。

一般的に、通販申込書は保険会社独自の通販スケジュールによって処理されるため、早く保険会社に書類が到着してもすぐに処理されることはなく、審査を経て契約成立するまでには長くて2~3か月かかってしまうこともあります。

当然、その間に誕生日を迎えてしまえば保険料が上がってしまうことに…。スピーディに契約まで済ますには対面方法が一番です。

※対面募集はせず、申し込みから契約までネット完結する保険商品のこと。
3. 審査が厳しい可能性がある。

通販やインターネットを介する申し込みの場合、審査は非常に厳しいと言われています。それは、保険会社は申込者が記入した内容でしか判断することができないためです。

一方、対面の場合は、通販やインターネットに比べると、審査が緩い可能性があると言われています。

なぜなら、保険会社員や保険専門FPなどの生命保険募集人には、対面案内時に加入希望者の健康状態に違和感を覚えたら保険会社に知らせる役割(※)があるためです。

つまり、保険会社に申込書が届く前にスタッフによる第一審査が終わっているため、保険会社は、申込者はあからさまに健康状態に難がある人ではないと判断するのです。

もちろん、審査内容は保険会社によって異なり、現在通院中の場合や既往症がある場合は加入が見送られることもあるため、対面・非対面だけで審査基準が異なるということはありません。

しかし、せっかく気に入った商品があるのなら、より加入確率が高い対面で申込みをする方が安心です。

新CUREの商品内容詳細

ここでは、オリックス生命の新CUREの商品内容詳細を紹介します。申込みを決める前に、しっかりと商品の中身を把握しておきましょう。

契約年齢 0歳~80歳
※保険料払込期間によって異なる。
保険期間 終身
保険料払込期間 ・60歳払済(契約可能年齢:0歳~55歳)
・65歳払済(契約可能年齢:0歳~60歳)
・終身払(契約可能年齢:0歳~80歳)
保険料払込方法 ・月払い
・半年払い
・年払い
主契約 入院保障 病気またはケガで入院したとき、1日につき10,000円もしくは5,000円の入院給付金を支給(入院支払限度日数は60日)。
※三疾病以外の七大生活習慣病の場合は120日まで。
※三疾病の場合は日数無制限。
手術保障 入院中の手術:主契約の入院給付金の20倍
外来の手術:主契約の入院給付金の5倍
の手術給付金を支給。
★約1,000種手術を保障する。
先進医療保障 通算2,000万円を限度に先進医療にかかった技術料と同額を給付。
追加保障① がん診断治療給付金特約 初めてがんと診断されたとき、もしくはがんの治療を目的として入院したとき、入院給付金日額10,000円プランであれば1回につき100万円、5,000円のプランであれば1回につき50万円給付。(年に1度を限度)
★一生涯のうち何度でも給付される。
がん通院特約 がんで通院したとき、入院給付金と同額を、60日を限度に給付。
追加保障② 重度三疾病一時金 初めてがんと診断されたとき、
がんの治療を目的として入院したとき、
心疾患・脳血管疾患の治療のために入院したとき、
入院給付金日額10,000円プランであれば1回につき100万円、5,000円のプランであれば1回につき50万円給付。(年に1度を限度)
★一生涯のうち何度でも給付される。
加入者専用サービス ・24時間電話健康相談サービス
医師や保健師、看護師など、医療の専門家が24時間年中無休で電話相談を受け付け。被保険者の家族も利用できる。
・セカンドオピニオンサービス
各専門分野の相談医と面談し、意見を聞くことができる。
・糖尿病専門サポートサービス
糖尿病に関する相談を受け付け、専門医を紹介してもらえる。
※主契約に、追加保障①を選ぶと「がん充実プラン」、追加保障②を選ぶと「三疾病充実プラン」となる。
※女性なら、女性入院給付金のある「新CURE Lady(キュアレディ)」も選択できます。

さいごに

オリックス生命の新CUREの魅力、そして加入時の注意点、保障内容詳細がわかっていただけたと思います。新CUREは、安くて中身の良いとてもおすすめの医療保険です。

これから新しく医療保険に入りたい、今ある保険を見直したいと思っている人には、ぜひチェックしてほしい保険の一つです。

でも、オリックス生命は、保険の営業員を使って勧誘することはせず、案内や募集、加入手続きなどはすべて保険代理店や保険相談会社に任せています。

なので、新CUREについて調べたい場合は、保険代理店や保険相談会社を利用してみましょう。

おすすめは以下の3社です。

全国47都道府県へ無料で訪問相談を実施!

経験年数7.4年、相談実績1,000件以上を誇るベテラン保険専門FPが保険選びをサポート。保険の仕組みから丁寧に説明し、個々の希望に合わせた複数社の設計書を準備してくれます。

無理な勧誘は一切なし。土日祝も相談受付をしています。

全国に1,427店舗の保険代理店と提携し、無料保険相談を受け付けています。

駅前やショッピングセンター内にあるため、お買い物ついでやお仕事帰りに立ち寄ることができてとても便利。一部店舗ではキッズスペースを完備しているのでお子様連れでもOK。

訪問相談にも対応しています。

無料で訪問保険相談に対応。エリアは、関東・関西・東海(一部)など。無理な勧誘をすることなく、保険の専門家が中立的な立場で商品を比較案内します。

どの相談会社を利用しても完全無料です。

保険専門FPを利用したからといって、最終的には保険契約をしないといけないというわけではありません。相談や情報収集だけの利用でもOK!

また、提示された商品で加入をしたとしても、手数料が上乗せされることもありません。ぜひ気軽に利用してみましょう!

close